緑内障は危険~視力低下を防ぐための方法~

ドクター

視力回復法として有名

視力を計る女性

視力回復の方法として知られているのがレーシックです。視力回復の方法はそう多くなく、一般的には、メガネやコンタクトレンズを活用して一時的に視力を高めることが多いです。ただ、レーシックでは一時的な改善だけではなく長期的に視力を高めることができるといわれています。とある調査ではレーシックを一度行うと多くの人が視力低下を感じることなく長期間視力回復することができたようです。このことから、レーシックを行う人も多くありません。ただ、どのような方法でレーシックを行うのか分からないことには、受けにくいといえるでしょう。まず、レーシックを行う際は、麻酔を行います。麻酔を行うことでレーシックの際に起こる痛みをできるだけ防ぐことが可能です。この際に目の内部に異物が含まれないよう、目を洗います。そうすることでより清潔にレーシックを行うことが可能です。この後、フラップを作成します。フラップはレーザーを当てる範囲に作成されるもので、そこから目の内部にレーザーが当たるようにします。この後、レーザーを照射します。レーザーを照射することで、角膜が削られ、光の屈折を改善することができるのです。レーザーが当たったあとはフラップを元に戻します。これでレーシックが終了します。あくまでこれが一般的なレーシックの方法といわれています。フラップの作成方法は各眼科により変わってくることもあるため前もって把握しておくのも一つの方法といえるでしょう。

Copyright© 2016 緑内障は危険~視力低下を防ぐための方法~ All Rights Reserved.